未分類

「Let’s make Jam! 」(ジャムを作ろうよ!)

Posted on

「Let’s make Jam! 」(ジャムを作ろうよ!) 劇やストーリーの登場人物を演じることで、 シチュエーションを理解しながら英語を学べます これは11月に撮った、園児コースのレッスンの様子です。子どもたちは、ジャム作りをテーマに短い劇を演じています。この劇は、1回あたり50分間のレッスンを5週間続けた成果です。子どもたちは5〜6歳で、1〜2年の英語学習経験があります。 このクラスでは、文法的なことや言葉の使い方を劇中の背景や状況を理解した上で学んでいます。そのおかげで子どもたちは、場面が変わっても自分で状況を考え、英語で話すことができるのです。 参観日でこの様子を見たお母さんたちは本当に誇らしげでした。教えている側の私たちも、自分の生徒が英語を使ってこんなに豊かな表現をできるようになったことがうれしくてたまりません。 劇の役を演じられる英語力をつけるために、ゲームをしたり、歌を歌ったり、物語を読んだり、様々な指導方法を使っています。また、TRP※と呼ばれる全身反応教授法も取り入れています。 ※幼児が母語を学習する過程をモデルとした学習方法で、子どもたちは英語に対するストレスを感じることなく楽しく学べる上、学習した内容を長期にわたって覚えているとも言われています。