小学生

小学生コース

コース内容のポイント

  • 授業は全て英語。ネイティブ先生と会話形式で進める、カンヴァセーションスタイルのレッスン。
  • 暗記型の受け身レッスンでは無く、アクティブラーニング式のこどもの学習意欲を引き出すレッスン。
  • どのレッスンでも開始初期から『読む力』も育てる教授法。『読む力』をつける事により、ネクストステップで『書く力』を定着させるコンビネーション教授法。
  • クラスで実際に『英語を話して、読んで、書いて、使う実体験』が積めるクラス内容。未修園児のどんなに初歩のクラスでも、先生&クラスメイトを相手に『英語でコミュニケーション』を取る基礎を体験し身につけ始めます。
  • レッスン内容は年齢に応じたテキスト、ゲーム、音楽(歌&ダンス)、本(コミック)、イベントの中に英語の『四要素(読み、書き、リスニング、スピーキング)』をバランス良く組み込んであります。英語を使って楽しい経験を重ねる事により、子供達はみずから英語を学ぶ意味を見出していきます。

このコースを幼&小学生で開始継続する事により、中学校での英語学習がより楽にこなせる様になります。特にコース最初の約二年間でマスターするジョニー英語教室オリジナル『フォニックス・レッスン(発音と綴りの関係を学ぶ教授法)』は重要で、『綺麗な発声(カタカナ読みでは無い発音)』はもちろん、中学生英語で求められる『読み(速読)、書き(綴り)、聞き取り(ネイティヴ発音の聞き取り)、文法理解』の強化に最適です。

ジョニー式レッスンでは『重要文法&フォニックス(発音と綴り法)』を生徒さんの年齢、レベル&興味に合わせた絶妙な設定で、テキスト、ゲーム、音楽(歌&ダンス)の中に隠し入れてあります。

生徒さんは学校で習ったような『文法を言葉で説明する』という方式の授業は受けず、先ずは先生やクラスメイトを相手に実際の会話やゲームのやり取りの中でキーフレーズを繰り返し体験してもらいます。もちろん初めて聞くフレーズに『?』になるのですが、それこそが狙いなのです。どんなレベルの生徒さんも『緻密に順序立てられた英会話』であれば、それを繰り返す事により、自らの推測力で文法を着実に理解していけるのです。そのステップを踏んだ上で、改めてそのフレーズの意味を文法的に確認し定着させていきます。

 『何だろう?』と自分で疑問を持った上で、考え、気づき、理解し確認した(使った)事は忘れません。

徹底した少人数制のクラスの中で『理解&吸収のスピード差による個々の生徒さんのフォロー』も的確に行います。

生徒さんは『キーフレーズを色々な角度から理解し使う実戦スチュエーション』を繰り返す事により、『覚える』だけでは無く『自分で使える』英語を身につけていきます。 

 結果、生徒さんのより深いレベルでの『文法の理解&定着&活用』に繋がります。

レッスンでは、英語の『四要素(読み、書き、リスニング、スピーキング)』をバランス良く組み込んであります。英語を使えて楽しい経験を重ねる事により、子供達はみずから英語を学ぶ意欲と意味を見出していきます。

ジョニー先生からのコメント

中学進学前に、私の『ジョニー式・フォニックス&文法体験教授法』をマスターした生徒さんの多くが『読み、書き、リスニング、スピーキング』四項目全てにおいて、中学校でも他のお子さんを上回る結果を残してくれています。
分かるから楽しい。できるから好き。
何より子供達が英語を楽しく感じてくれるのが、英語力を身につける一番の近道です。

placeholder.png

リーディング
(読み)

生徒さん達は毎週、親子で取り組むリーディングの宿題をこなします。 子供達はリーディングの力を身につけていくのは勿論の事、保護者さんは自分のお子さんの英語力の上達が確認できる場でもあります。

placeholder.png

スペリング(綴り)

フォニックス(発音と綴りの関係の教授法)を学習する事によりスペリング(綴り)が、より容易になります。『綴り』を丸暗記では無く、理論を持って覚えられるので、スペリングがより楽になります。

placeholder.png

スピーキング&
聞き取り

緻密にプランニングされたレッスン内容により、初期レベルを含む全てのクラスで100%英語の授業が開かれます。歌やゲーム、アクティビティーを上手く取り入れる事により、100%英語のレッスンでも子供達は楽しく英語とその使い方の理解に取り組んでいきます。

placeholder.png

フォニックス

フォニックスとは『発音と綴りの関係を教える教授法』の事をいいます。
『A・B・C』を「エー・ビー・シー」と発音する事を、まず一般的な日本の英語教育では習いますが、実際の英文では『CAT』を「シーエーティー」とは読みません。

Cは詰まる音の「ク(ケゥ)ッ」Aは喉の奥で鳴らす「ァ」、Tは唇を突き出して発音する「ト(タゥ)ッ」、繋げて『Cat』。(※カタカナでは正しく発音を表記できないので、あくまでもイメージです)
そう『猫』のCatなのです。

『フォニックス教授法』とは、この『実際の発音を最初から直接覚えてしまおう』っと、言う物。
この教授法は英語の『読み、書き(綴り)を簡単にする重要ポイント』であるにも関わらず、
日本の(中学)英語教育で長年見落とされてきた物でもあります。

ジョニー英語教室では、このフォニックス教育を基本にした教授法で、全てのレベルの生徒さんに『聞く力&話す力』と共に、『英語を読める楽しさ』、『綴りを書ける自信』も育てていきます。

placeholder.png

ライティング
(書き)

レッスン内&HW(宿題)で、クラスで学んだ事を文字に置き換える作業が繰り返し有ります。クラス内容を文字に置き換え『見える化』する事により、その日のレッスン内容を整理し、定着させる事に繋げます。